Warning: unlink(/home/c9472034/public_html/gaitamesk.com/wordpress/wp-content/lolipop-migrator//.htaccess): No such file or directory in /home/c9472034/public_html/gaitamesk.com/wordpress/wp-content/plugins/lolipop-migrator/includes/class-lolipop-migrator-file.php on line 47
昨日のドル円相場ときょうのひとこと(4/5金) | 外為どっとコム総研

総研ブログ

昨日のドル円相場ときょうのひとこと(4/5金)

雇用統計のお祭りムードに水を差す中東情勢 152円乗せは持ち越しか

————-4/4ドル円相場————————

雇用統計待ちのはずが中東懸念の高まりで151.119まで反落

OP151.625 HI150.769  LO151.119 CL151.324

———-4/4主な出来事—————————

09:30 オーストラリア2月住宅建設許可件数 (前月比) -1.9%
前回-1.0%(-2.5%)
予想+3.3%

16:55 ドイツ3月サービス業PMI・改定値  50.1
前回49.8
予想49.8
17:00 ユーロ圏3月サービス業PMI・改定値 51.5
前回51.1
予想51.1
17:30 イギリス3月サービス業PMI・改定値 53.1
前回53.4
予想53.4

18:00 ユーロ圏2月卸売物価指数(前年比)-8.3%)
前回-8.6%(-8.0%)
予想-8.6%

20:30 アメリカ3月チャレンジャー人員削減数 9.03万件(前年比+0.7%)
前回+8.8%

20:30 欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨
インフレ率が適時に目標とする2%向けて持続的に低下する軌道に乗っているとの確信を強めた」「今後の経済指標や証拠を待つのが賢明だが、利下げを検討する論拠は強まっている」

21:30 カナダ2月貿易収支 +13.9億カナダドル
前回+5.0億カナダドル(6.1億カナダドル)
予想8.0億カナダドル

21:30 アメリカ2月貿易収支 -689億ドル
前回-674億ドル(-676億ドル)
予想-673億ドル

21:30 アメリカ前週分新規失業保険申請件数 22.1万件
前回21.0万件(21.2万件)
予想21.4万件

21:30 イラン、イスラエルへの(1日の在シリア大使館への攻撃に対する)報復を宣言

27:30 イスラエル、ネタニヤフ首相
「イスラエルに危害を加えようとする勢力を痛めつける」

29:30 植田日銀総裁(朝日新聞インタビュー記事)
「2%の物価目標達成に向けた確度がさらに高まれば、追加利上げを検討する」
「夏から秋にかけて春闘の結果が物価にも反映されていく中で、目標達成の可能性がどんどん高まっていく」

——–4/4株式・債券・商品————————

日経平均 39773.14△321.29
豪ASX  7817.338△34.803
上海総合 —–
英FT    7975.89△38.45
独DAX   18403.13△35.41
NYダウ  38596.98▼530.16

日10年債利回り 0.788%▼0.008
豪10年債利回り 4.178%△0.039
英10年債利回り 4.021%▼0.035
独10年債利回り 2.361%▼0.034
米02年債利回り 4.6474%▼0.0249
米10年債利回り 4.4354%▼0.0378

NY原油 86.59△1.16
NY金  2308.50▼6.50

————4/5注目材料—————————-

<国内>
08:50  3月外貨準備高

<海外>
08:20  ムサレム米セントルイス連銀総裁、講演
08:30  クーグラー米FRB理事、講演
09:30  2月豪貿易収支
15:00  2月独製造業受注
15:00  2月独輸入物価指数
15:45  2月仏鉱工業生産
17:30  3月英建設業PMI)
18:00  2月ユーロ圏小売売上高
21:30  3月カナダ新規雇用者数
21:30  3月カナダ失業率
21:30  3月米非農業部門雇用者数
21:30  3月米失業率
21:30  3月米平均時給
21:30  コリンズ米ボストン連銀総裁、講演
22:15  バーキン米リッチモンド連銀総裁、講演
23:00  3月カナダIvey購買部協会景気指数
24:00  ローガン米ダラス連銀総裁、講演
25:15  ボウマンFRB理事、講演
28:00  2月米消費者信用残高

————4/5きょうのひとこと———————

中東情勢がさらに混沌としてきました。シリア大使館攻撃の報復をイランがイスラエルに警告。最高指導者のハメネイ師は「イスラエルに後悔させる」と宣言しています。報道によれば、イランが直接的にイスラエルを攻撃するリスクは低いとのことですが、親イラン勢力のヒズボラがイスラエルを攻撃したり、イスラエル国外の在外公館を攻撃する可能性はあるとのことです。こうなると、今夜の米3月雇用統計への関心がそがれるのは必至。中東情勢がドル円相場に及ぼす影響は一時的だとは思いますが、週末に情勢が悪化するリスクがくすぶる中で積極的に為替を取引するムードにはなりにくいでしょう。月に一度の雇用統計祭りに中東情勢が水を差した格好で、34年ぶりの152円台が見られるのは来週以降に持ち越しになりそうです。

本日もよろしくお願いします。