外為白書2012-13(第4号)

外為白書の刊行によせて

日本経済の景色は、この1年で一変しました。アベノミクスの効果です。2013年8月末に至る1年間で、アメリカの株価は13%上昇し、ドイツの株価は17%上昇しました。しかし日本の株価は、51%という高い上昇を示したのです。その最大の背景は、円が大幅に低下したことです。米ドルに対する円のレートは、1年で約20%低下しました。アベノミクスの一つの重要な要素は、金融政策が為替レートを大きく変え、為替レートが経済全体を大きく変えたという点でした。  あらためて今、為替レートの動きを的確に把握することがいかに重要か、多くの人々が実感しておられると思います。

(首席研究理事 竹中平蔵 「外為白書 2012-13の刊行によせて 」 より抜粋)

外為白書とは

これまで「外国為替」の分野に限って言えば、経済・金融の一領域としての言及こそなされてきたものの、それ自体を主題とした「白書」については長らく不在の状況が続いておりました。その一方で為替相場、とりわけ米ドル/円相場の動向は、輸出入企業の業績への影響はもとより、近年では個人投資家のよる FX(外国為替保証金取引)や外貨預金ほか外貨建て取引の活発化に伴い、いまや企業・個人の枠を超えた国民的関心事とまでなりつつあります。

外為どっとコム総研はこうした情勢に鑑み、1年間のデータの蓄積とその解析を経て「外為白書」を発刊しております。

内容は主に3つに分けられ、

①主要通貨ペアの毎月の価格変動とその背景についての記録
②外国為替保証金業界の各年度の歩みの記録
③顧客調査に基づくFX投資家層の相場観の変遷や取引実態の記録

となっています。

外為白書2012-13(第4号)


ご購入のお申し込み

(Amazon.co.jpへ移動)

価格: 8,000円
(本体価格7,619円 消費税等381円)

※本書は書店での取り扱いは
ございません。

書籍名:
『外為白書2012-13(第4号)』
編集:
株式会社外為どっとコム総合研究所
発行日:
2013年9月19日
発売日:
2013年10月1日
仕様:
A4判、140ページ
発行・発売:
株式会社外為どっとコム総合研究所

本書の特長

  • 2012年7月から1年間の9通貨ペアの値動きを網羅
  • 外国為替保証金業界の各年度の歩みの記録
  • 外為どっとコム顧客調査に基づくFX投資家層の相場観の変遷や取引実態の記録

目次

2P-
外為白書2012-13の刊行によせて
3P-
目次
5P-
第1章 2012年7月~2013年6月の相場のあゆみ
6P-
第1節 各通貨ペアの総括
9P-
第2節 ドル/円相場
21P-
第3節 ユーロ/円相場
33P-
第4節 ユーロ/ドル相場
45P-
第5節 豪ドル/円相場
57P-
第6節 ポンド/円相場
69P-
第7節 ポンド/ドル相場
81P-
第8節 カナダドル/円相場
93P-
第9節 NZドル/円相場
105P-
第10節 南アランド/円相場
117P-
第2章 業界のあゆみ
123P-
第3章 FX投資家アンケートによる実態調査
124P-
第1節 アンケート調査の概要
125P-
第2節 相場観の推移
131P-
第3節 取引の動向
137P-
おわりに

「外為白書2017-18 (第9号)」はこちら

「外為白書2016-17 (第8号)」はこちら

「外為白書2015-16 (第7号)」はこちら

「外為白書2014-15 (第6号)」はこちら

「外為白書2013-14 (第5号)」はこちら

「外為白書2011-12 (第3号)」はこちら

「外為白書2010-11 (第2号)」はこちら

「2009年度版外為白書」はこちら