外為白書

保存版!FX市場の歩みを記録した一冊 外為白書

外為白書の刊行によせて

英米などを中心に所得格差が一層拡大し、社会の分断現象が進んでいます。そして分断現象の中で、取り残された人々の不満が一気に顕在化し、これが安易な大衆迎合政治を生んで世界を不安定化させています。 言うまでもなくこれは、為替市場などにも大きな影響を与えます。短期的にはBrexitの例のように、世界の投資家のポートフォリオ組み替えを招き、その過程で相場が乱高下します。こうした短期的な調整はやがて収まるとしても、その先の中長期的な市場の不確実性を高めるでしょう。 現実の為替市場は、実に複雑な状況に置かれています。こうしたなか、外国為替市場の包括的な分析書であるこの白書を、是非活用して頂きたいと思います。

(首席研究理事 竹中平蔵 「外為白書 2015-16の刊行によせて」 より抜粋)

外為白書とは

これまで「外国為替」の分野に限って言えば、経済・金融の一領域としての言及こそなされてきたものの、それ自体を主題とした「白書」については長らく不在の状況が続いておりました。その一方で為替相場、とりわけ米ドル/円相場の動向は、輸出入企業の業績への影響はもとより、近年では個人投資家による FX(外国為替保証金取引)や外貨預金ほか外貨建て取引の活発化に伴い、いまや企業・個人の枠を超えた国民的関心事とまでなりつつあります。

外為どっとコム総研はこうした情勢に鑑み、1年間のデータの蓄積とその解析を経て「外為白書」を発刊しております。

内容は主に3つに分けられ、

①主要通貨ペアの毎月の価格変動とその背景についての記録
②外国為替保証金業界の各年度の歩みの記録
③顧客調査に基づくFX投資家層の相場観の変遷や取引実態の記録

となっています。

外為白書2015-16(第7号)

kindle(電子書籍)

kindle版 同時発売!

価格:3,000円(税別)

外為白書2015-16(第7号)(Kindle版)

ご購入のお申し込み


本(紙の書籍)


ご購入のお申し込み

(Amazon.co.jpへ移動)

本体価格:4,000円(税別)

※本書は書店での取り扱いは
  ございません。

書籍名:
『外為白書2015-16(第7号)』
編集:
株式会社外為どっとコム総合研究所
発行日:
2016年10月15日
発売日:
2016年10月24日
仕様:
A4判、140ページ
発行・発売:
株式会社外為どっとコム総合研究所

本書の特長

  • 2015年7月から1年間の9通貨ペアの値動きを網羅
  • 外国為替保証金業界の各年度の歩みの記録
  • 外為どっとコム顧客調査に基づくFX投資家層の相場観の変遷や取引実態の記録

サンプル


目次

2P-
外為白書2014-15の刊行によせて
3P-
目次
5P-
第1章 2015年7月~2016年6月の相場のあゆみ
6P-
第1節 各通貨ペアの総括
9P-
第2節 ドル/円相場
21P-
第3節 ユーロ/円相場
33P-
第4節 ユーロ/ドル相場
45P-
第5節 豪ドル/円相場
57P-
第6節 ポンド/円相場
69P-
第7節 ポンド/ドル相場
81P-
第8節 カナダドル/円相場
93P-
第9節 NZドル/円相場
105P-
第10節 南アランド/円相場
117P-
第2章 業界のあゆみ
123P-
第3章 FX投資家アンケートによる実態調査
124P-
第1節 アンケート調査の概要
126P-
第2節 相場観の推移
131P-
第3節 取引の動向
137P-
おわりに

「外為白書2014-15 (第6号)」はこちら

「外為白書2013-14 (第5号)」はこちら

「外為白書2012-13 (第4号)」はこちら

「外為白書2011-12 (第3号)」はこちら

「外為白書2010-11 (第2号)」はこちら

「2009年度版外為白書」はこちら


  • 外為どっとコム
  •